週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

プラ板に合う画材はなんだろう。

縮むプラ板でアクセサリーを作る方が多いですが色は何を塗ったらいいんだろう。

油性ペンは使えるのは前から知っていましたが、 その他の画材については本では読んだことがありますが実際にやってみたことがありませんでした。

そんなわけで気になっていたので今回試してみることにします。 まずはプラ板を切って向かって右側を重ね塗り、左側はさっと塗ってみます。

はじめに油性ペン「ゼブラマッキー」です。

何の問題もなく塗ることができます。

縮めました。

大丈夫ですね!

次はアルコール系マーカー「コピック」です。 ちょっと弾く感じがします。

コピック」の文字はマッキーで書きました。 「この字はマルチライナー」の文字はコピックマルチライナーで書きました。 ややこしくてごめんなさい。 マルチライナーは弾いてます。

こちらも大丈夫です。

顔料系マーカーポスカです。 コピックほど弾く感じもしません。

重ね塗りした方のポスカはよーく見るとちょっとだけシワが出ました。サッと塗った方は大丈夫そうです。

次はアクリル絵の具です。 リキテックスレギュラータイプを使います。 水で薄めたせいもあり弾いてます。あーあ。 こちらは絵の具なので、気をつけないと絵具が盛り上がって筆跡が出ちゃいますね。

縮むとこんな感じ。

これは向いてません。ぶつぶつした感じ。

次はアルキド樹脂絵の具、「アキーラ」を使います。聞き慣れない樹脂の絵の具ですが、なんと下地材なしでプラスチックの上にも描くことができ、油絵の上にも描くことができる素敵な絵の具です!という事です。機会を作って油絵に試したいと思います。

本当にプラスチックの上には問題なく描くことができました。

こちらも縮むと絵の具がざらざらぶつぶつする感じで向いてません。

最後は油性の色鉛筆です。 ホルベインのアーティストカラーを使いました。 色鉛筆がのるようにプラ板にサンドペーパーをかけました。

縮むとこんな感じ。 サンドペーパーの跡がうまく使えれば問題ないのかなと思います。白くなっちゃうから。

ちなみに裏から見てみるとリキテックス以外はそんなに問題がなさそうでした。

まとめとしては、きれいなのは油性ペン、絵の具はあまりオススメしません。

なによりプラ板が思いのほか扱いづらかったのでびっくりしました! 縮めてから平らにするのが、難しいー! 経験が必要かもしれないです。