週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

今年のスケジュール帳

毎年ウィークリーのスケジュール帳をプライベート用として購入していたのですが、それほど几帳面では無い私が記入する事はほとんどなく、さらに100均の手帳って1年間もつの?という素朴な疑問から、今回は手帳をダイソーで購入してみました。

サイズと紙の厚さ、カレンダーのフォント、しっかりチェックしましたよー。これで100円ってステキ。

表紙もかわいいのですが、このまま持つのもちょっと私には可愛い過ぎる、というわけで今回は簡単なリメイクです。 準備するのは、雑誌の中身(デザインが好み)と定規とカッター、カッターマットです。

①透明なカバーを外します。

②もともと入っているカバーの高さを測り、同じサイズにカットします。 プラスチックの定規に当てながらカッターを使うと、プラスチック部分を一緒にカットしてしまうことがあるのですが、カッティング用定規とかアルミ定規とか使うときちんと切れるのでオススメです。 (そんなこと言いつつも、ここで使っているのはスクラップブッキング用のペーパーカッターです。落として壊れています。泣。)

③手帳の高さは同じサイズで大丈夫なのですが、幅に関しては、厚さのあるものを折り曲げるためちょっと余裕がないといけません。

④まずは表紙の片側だけ折り目をつけて手帳本体と一緒に折り曲げます。 折り目をつけるときに曲げたいところに定規など真っ直ぐ当てて、鉄筆で跡をつけておくときれいに仕上がりますよ。

⑤もう片方の表紙部分を折り曲げてカバーを付けて出来上がりです。

簡単だし、飽きたら入れ替えて使えるので、気に入ってます。