週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

塩とマスキング実践編

前回使ってみた塩とマスキングインクを試してみたかったので、何か描けるものあるかなぁ、と思って今回は水の表現をしてみます。 F6サイズのスケッチブック、ウォーターフォードホワイトを使います。

まずは鉛筆で下書きをして1番白く残したいところにマスキングインクを塗ります。

その後全体を薄い青で塗ります。おっかなびっくりなので、まーとにかく薄い。ほんとは試し塗りしないと色わからないですが、ズボラなのでしません。あーあ。

その上から青い色を筆で転々と塗って、乾いたらマスキングインクで細かい線をちょんちょんちょんと塗っていきます。 それにしてもマスキングインクが細く塗れないなぁ〜。水で少し薄めて使えるらしいのですが、このまま進めよう。

マスキングインクが乾いたらその上からまた薄く青をのせます。でもって、乾いたらまたマスキング、で青色のせましたよー。

下の方には塩を振っておきます。アクセントになるかしら。

マスキングをはがします。どこまでインクがついているかわからないところは、手で触ってみてペタペタするところをラバークリーナーでこすりとります。

こんな感じ。 すっかり飽きてきたので、なんとなく全体のトーン?を落ちつかせて魚を描いて出来上がりということにしますー。

青色はインジゴやコバルトブルー、ウルトラマリンディープ、プルシャンブルー、 ピーコックブルーを適当に混ぜたりして使いました〜。

今さらだけど、多分、性格が水彩に向いてないわ…。 自分に合った画材探しの旅は続く…。