週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

水彩を描くときの道具について

いつも見ていただき、ありがとうございます。 さて、もうお気づきでしょうが、このブログ、一貫性に欠ける流れになっております。 まぁ、そもそも文章も私自身も一貫性がないから仕方ないか。 でもね、書いてる私が何書いたかわからなくなってきたので(笑)しばらくは水彩について書いていきます。 あと、以前書いた物も書き直して載せるつもりなのでごめんなさい。

今回は水彩を始めたい方に、必要な道具をご紹介します〜!。

基本はこれぐらいでも大丈夫です。 絵の具の種類が多いのは気にしないでください。ただの収集なので…。

①絵具セット

あ、でも必要な絵具の色が気になりますよね。 これに関しては、ホルベインの12色セットプラス、好きな色を足してみてはいかがでしょう? オススメはオペラ、サップグリーン、シャドーグリーン、インジゴあたりかな。 ホルベインの絵の具をお勧めする理由は画材屋さんならどこでも手に入ることと、水彩の本を読むと、頻繁に使われているのがホルベインの水彩絵具だからです。

②水彩用パレット

③水彩用紙(最初はヴィフアールなど安価なクラスの紙で大丈夫。写真のウォーターフォードはイチオシですが、ちょっと高い。)

④筆 前回書きましたのでみてね。

⑤筆洗器(筆洗う用と絵具溶かすきれいな水用の2つ)小さいバケツでも大丈夫です。

⑥下書き用の鉛筆と練り消しゴム (練り消しゴムなのは紙をいためないため。)

あと、追加であると楽しいもの

マスキング用の道具と海綿。

では使い方はまた後日ー!