週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

筆ペンを選んでみる。

気温も低くなって本格的に冬突入ー!ですね。 そろそろ年賀状の季節になってまいりました。

今年は郵便はがきの値段が差し出す期間によって変更になるとのことで出す日にちは気をつけましょうね。

年賀状と言えば、昔はプリントゴッコやイモ版などを使って作ったものですが(古い)、今やインクジェットで出力することが多いでしょうか。

でもまだまだ根強い筆ペン人気。宛名くらいは手書きにしたいものですよねー。

さて、パッケージを見ると毛筆だとか、太さとか書いてありますね。

まず「毛筆」ですが、合成繊維などを束ねて筆にしたもの。本当の筆のように文字がかけます。これは、普段から筆を使い慣れていないと ちょっと難しい。

「軟筆」「硬筆」はアクリルなどのペン先で少し、しなるようになっているものでサインペンのように使うことができます。 軟筆は、なんかゴムっぽい弾力のあるものが多い気がします。個人的にはこの感触が好きではないため、硬筆がマーカー感覚で書きやすいと思います。

インクの種類は2つあり、顔料系か染料系に分かれます。 顔料系は乾くと水に流れにくくなります。色がはっきりしてます。変色もしづらいです。 なのでハガキには顔料系のインクが使われている筆ペンをお勧めします!

染料系は乾いても、水を垂らすとにじんでいきます。濃淡が出る感じ。あと、光に弱い。とくにカラーの筆ペンで書いたものは蛍光灯の下に飾っておくと、1、2ヶ月くらいで色あせます。

ふと思ったのですが、ぺんてるの筆ペンは染料系にだけ「インクジェット紙対応」と表示してあって、あれ?顔料系は?と疑問が…。 どなたか知っている方いますかねー。 ちなみに呉竹の筆ペンは全部インクジェット紙対応と謳っていました。

それにしても、毛筆タイプの筆ペンは「インクがぼた落ちする問題」に直面することがあるのですが、これに関してはインクがかすれてきたなと思ったらまず一旦違う紙の上で筆ペンの軸の部分を押してインクをたっぷり出してからまた続きを書くという方法をとっています。 どうやら、書いている最中につい軸を押してしまったり、たくさん書くなどして軸が温まるとインクがぼた落ちしてしまっているようです。

呉竹の完美王シリーズはこの軸部分を押してインクを出すと言う状態をなくした筆ペンです。 これはポイント高い!色も濃い! しかも、完美王用のカートリッジは、互換性があり、種類を変えると、インクの流れる量をかえられるようで、「たっぷりインク出したいな」とか、「かすれた感じに書きたいな」なんて時に対応しているようです。すごい。

毛筆タイプで迷っているなら、ぜひこちらを一度使ってみては?