週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

ターナーアクリルガッシュラメカラー

ターナー色彩という国内メーカーのアクリルガッシュは他のメーカーに比べてパールカラーやラメカラー、日本独特の色合いを表現したジャパネスクカラーなどたくさんの色がありとても楽しい絵の具です。

またアクリルガッシュなので価格帯も安価。 アクリル絵の具や油絵具のように色のランクが沢山あって、ランクが違うとものすごく値段が違ってしまうということもありません。

F6 号のリキテックスキャンバスを使います。 こちらの商品は安価でちょっとチープな感じが好きなのですが、どうやら今のリキテックスキャンバスは在庫限りでなくなってしまうということで残念です。

今回は季節感を出そうと思いラメカラーを使ってクリスマス向けの絵を描いてみます。 今回はこの3本を使います。 左からラメシルバー、 ラメブルーダイヤモンド、ラメブラックダイヤモンドです。

(チューブについてる赤い色は以前この絵の具の近くでスプレーを使っていた時に何のガードもしなかったため道具全てが赤くなると言う惨劇があったことを物語っています。 皆さんスプレーなど使う際は周りに気をつけましょう。泣。)

チューブから出すとこんな感じ。 黒と白の紙にそれぞれ3回塗ってみました。

ラメシルバーの中に入ってるラメの色はシルバーですが他の2つに入っているラメはオパールですね、虹色に光ります。

同じオパールのラメでも色の違いがよくわかりますね。 白い紙に塗るとガッシュとしての不透明感はなく、色は完全に透明色です。やっぱりラメの色を出すには本来の青色とか黒色が不透明だと見えなくなっちゃうんでしょうねー。

よくエアブラシでラメを吹いてハンドピースに絵の具が詰まると言う話を聞きますが、確かにラメ自体は大きく感じないのですが、たくさん集まるとやはり詰まるのは当然なのでエアブラシでは使わないようにしたほうが良いですね。

で描いてみました。

絶妙に色の差がわかりにくくなってしまった…。