週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

万年筆のインクリザーバーは便利

お久しぶりです。

ぼやっとしてるうちに前回の更新から1ヵ月過ぎようとしていました。 マズイ。今後は、気軽に更新していきたいと思います。内容が今以上薄くなっても気にしません。あはは。

今年もあと40日きったと言うことで、そろそろ年賀状などを書く時期ではないでしょうか。

筆ペンは基本だけど字が下手なのがバレやすい。ボールペンは使いやすいけど味気がない。 では何を選ぶかと言うと万年筆です。

万年筆は他の筆記具と違って少しの間でも使わないと、すぐにインクが出なくなる、ちょっと手のかかる筆記具です。毎日使うのが1番良いメンテナンスと言われるほど。

私は万年筆を2本だけ持っているのですが、ひとつは吸引式でカートリッジや、コンバーターが使えないタイプ。

なのでボトルインクが必要になります。 でもボトルインクはインクが少なくなってくると、インクを吸い上げるのが難しくなってきます。 その時に便利なのがインクリザーバー付きのボトルインクです。

セーラー万年筆の青墨を使います。

今、インクがこれくらい見えますね。

それを説明通りにひっくり返してー。

ほら、インク、たまってます。