週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンの覚えがき。

アクリルメディウム

今日はこちら。

アクリル絵具は絵具単体だと、平滑な画面になりがちですね。油絵だと絵具自体に硬さがあるから立体感がでるし、水彩は紙目がでるから、ニュアンスが作れる気がします。

だからという訳ではないのでしょうが、アクリル絵具には、「メディウム」と呼ばれる絵具に混ぜるものがあり、様々な表現ができるようになっています。

今回は、パッケージの見た目だけでホルベインメディウムを選んでみましたー。チューブなので使いたい量をすぐ出せるし、パッケージのちょっと半透明な感じもステキ。

また、間違えて開けられないようにふたの中のチューブにちゃんとシール貼ってあります。 こういう心配りが、国産だー。 ホルベインって本当、こういうところ、細かい。←褒めてる。

さて、アクリル絵具で描くので、鉛筆で下書きを。雑誌にかわいい女の子が載っていたので描いてみますが、かわいい以外背景とか、まったく思い付きません。しかも似てません。

塗っていきます。 雑に塗っていますが、きっと丁寧に塗ったほうが良いと思いますよー。 この段階でも背景、さっぱり思い付きません。 でもね、メディウムって塗っただけでも、描いてる感じがでるのでとりあえずメディウムを使います。(ごめんなさい)

立体的になるようにペンチングナイフで所々盛っていきます。

なんとなく雰囲気で画面がもつ、と素人考えで使っております。←ちゃんと考えて使ったほうが絶対に良いです。

ここもざっくりですねー。 性格なんで、あきらめますー。

メディウムは、だいたい30分くらいで乾きました。乾いた後はちょっとペタペタする感じ。ツヤもあります。

絵具と同じで乾くと落ちなくなるから、筆などは早めに洗ってください。

さて、近くで撮ったところ。 ちょっと雰囲気でましたでしょうか?