週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマン。画材好き。部長兼部員

キャンソン ヘリテージ水彩紙

新発売の水彩紙、キャンソンヘリテージを試してみました。なんてオシャレなデザイン! ちなみに、上の素敵な写真はサンプルパックのチラシです。はい。

今回は細目300gを使ってみます。

アルシュもそうですが、中目は無くて極細、細目、荒目の3種類があります。

ちなみに、極細目はホットプレス、細目はコールドプレス、荒目はラフ、とも言いますねー。

熱いアイロンだとシャツがピシッとするから、極細目はホットプレスと覚えると良いかもしれないですー。まぁ、使う機会はないでしょうけど。

さて、話は戻り、紙肌は細目とは言えゴツゴツ?味のある感じ。 色も白くてきれい。お気に入りのウォーターフォードホワイトと変わらない白さ。

左がヘリテージ、真ん中がウォーターフォード、右はホワイトワトソン。

まず鉛筆で下書きします。

しっかりとした紙肌なので鉛筆も紙目にかりっと、ざらっとあたる感じ…。うまく伝えられないなー。

つぎは、ざっと塗ってみます。 弾きもなくクセのない塗り心地ですねー。 にじみ具合も。目が荒いため、それに沿って絵の具が広がる感じは少しあります。

時間が経つときれいにぼけていました。

全体はこんな感じ。

塗り進めます。 気のせいかな、色が染み込んでいく感覚。 紙肌は、とにかく強め。目の部分を何度も筆で擦りましたが破ける気配がないですね。すごい。

とりあえず、今日はここまで。 次回は、この強さを生かして絵を洗ってみますー。