週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンの覚えがき。

鉛筆画を描いてみよう。

まずは、身近な画材を使おうと鉛筆画ですー。

鉛筆画って鉛筆と紙、消しゴムさえあれば絵を描くことができる〜! なんてコスパの良い趣味だろう!

道具は今回、ファーバーカステルの9000の3Bをメインに使ってみます。 ちょっとカサカサ?した描き味が好きです。

紙はケント紙で、あとは、練り消しとプラスチック消しゴム、と思ったのだが、見当たらなかったのでプラスチック消しゴムは、ほるナビ(消しゴムハンコ用)を使いました。すごく良く消えてびっくり。

まずは輪郭を力を入れずに、サラッと描きます。

次は、薄く影をいれます。

こんな感じ。割とざっくり。

そのまま書き込んでいきます。どんなタッチで描けばいいのか、わからないまま進めてますが、鉛筆が濃すぎたなぁ、と思ったら、練り消しで上から押さえるようにすると薄くなるので、気にせず描きます。

タッチが変わらずぐだぐだですよー。だが気にしない。

なんとなく、カタチになったら終わりです。

一応鉛筆の硬度を使い分けようと思ったのですがすっかり忘れてました…。