週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマン。画材好き。部長兼部員

キャンソン ヘリテージ水彩紙

新発売の水彩紙、キャンソンヘリテージを試してみました。なんてオシャレなデザイン! ちなみに、上の素敵な写真はサンプルパックのチラシです。はい。 今回は細目300gを使ってみます。 アルシュもそうですが、中目は無くて極細、細目、荒目の3種類があ…

色鉛筆を消す消しゴム。

色鉛筆って、消えない。 はっきり言っておこう。 消しゴムじゃあ、消えないの。鉛筆なら消えても、原材料が違うからみんなが期待してるほど の「消える」にならないんです。 でも、色鉛筆用(柔らかい鉛筆用)ってあるのですねー。調べると必ずコレがでてきま…

絵具がはがせるパレット!

以前からずーっと気になっていたパレット。固まった油絵具やアクリル絵具がはがせるとか。 えー、本当かなー。水彩はパレット買うけど、アクリルは、どうせダメにするからと、不要になった紙をパレットがわりにしてました。 厚めの絵具ならはがせるかもしれ…

カランダッシュ グラフキューブ

すっかり更新が遅れてました。週末美術部とは名ばかりになってしまった。 メンタリストが面白くて。連続ドラマは終わるまで見ちゃいますねー。ちょっと中毒気味に観てました。ジェーン、素敵過ぎるんですけど。 さて、すぐに生活が戻れる訳もなく、以前描い…

水彩絵具の種類

子供の頃から親しみのある水彩絵具はアクリル絵具と同じように不透明と透明の2種類があり、子供が使ってるのは主に不透明。マット水彩絵具とかいいますね。不透明水彩はガッシュとも。 左が透明、右が不透明。ゴメンなさい。わかりにくいですね…。 塗ってみ…

スクラッチアートを久しぶりにやってみた。

オイルパステルを紹介したあと、無性に描きたくなったスクラッチアート。 子供の頃に描いた覚えがありませんか? 好きな色のクレパス塗って、上から黒のクレパスで塗り潰した後に爪楊枝とかで削りだしてカラフルな絵が出てくる、あれですね。最近は、この手…

鉛筆だけど、水に溶けます。

水彩色鉛筆があるのだったら、鉛筆も。ということで水溶性鉛筆です。 他にも出してるメーカーはあると思いますが 今回はダーヴェントのグラフィトーン。 全体が芯なのでまわりはプラ?ビニール?みたいなもので巻かれてます。このまま鉛筆削り器に入れるのは…

オイルパステル

パステルを定着できるように顔料を蝋と油で固めたのがオイルパステルだそうです。個人的には、この、こってり感はさらっとしたパステルより好き。 でもね、オイルパステルは描いてる最中に重ね塗りすると削げてカスみたいなカタマリがでていつまでも色がのら…

スケッチブックあれこれ

スケッチブックって、何種類かカタチの違うものがありますね。 まずは定番のスプリングタイプ。 一枚描いている最中でも次の作品が描けるので便利ですねー。クロッキー帳とか、画用紙など、サラサラっと描くものに多い気がします。 アルバムみたいに見返すこ…

油絵描いたら、ニスで保護しよう。

油絵ってニス塗りしたほうが良いのかなー? なくても大丈夫そうだけど? そう、大丈夫に見えるのですが油絵は長期保管しているとホコリや、ヤニで汚れてしまうのです。 受験生は、とにかく練習でたくさん描くから、 なくてもいいとは思いますが、趣味で描い…

色鉛筆は油性でなくて良いのか?

色鉛筆売り場に行くとなにやら油性と水性がある。 昔は水彩色鉛筆なんて、なかったよ? なかったと思うなー。と、調べてみると、どうやら1931年からあるらしい。スタビロのプリズマロ。なんだ、生まれる前からありましたね。 そもそも硬い色鉛筆が水に溶ける…

鉛筆画を描いてみよう。

まずは、身近な画材を使おうと鉛筆画ですー。 鉛筆画って鉛筆と紙、消しゴムさえあれば絵を描くことができる〜! なんてコスパの良い趣味だろう! 道具は今回、ファーバーカステルの9000の3Bをメインに使ってみます。 ちょっとカサカサ?した描き味が好きで…

デッサン用鉛筆って、なんだ。

絵を描くうえで欠かせないのが鉛筆だと思う。一般的な事務用の鉛筆ってHBとか2Bだと思うけど、デッサン向けって、なんだかたくさん硬度がありますねー。 なかでも三菱鉛筆のハイユニは、なんと硬度が22種類もある鉛筆。きめが細かく折れにくい特徴があります…