週末美術部

アート鑑賞が好きなサラリーマンのメモ。

色鉛筆は油性でなくて良いのか?

色鉛筆売り場に行くとなにやら油性と水性がある。

昔は水彩色鉛筆なんて、なかったよ?

なかったと思うなー。と、調べてみると、どうやら1931年からあるらしい。スタビロのプリズマロ。なんだ、生まれる前からありましたね。

そもそも硬い色鉛筆が水に溶けるなんて びっくりだけれど、まだまだ知らない人も多くて、「水彩みたいになるの⁉︎」と、驚かれる。 じゃあ、一石二鳥で、水彩色鉛筆だけあればいいよね〜!と、思ってしまうところだけれど 本当のところ、どうなんだろう。今回は油性のいいところちょっと考えてみます。

油性は、やはり滑らかさが特徴かなぁ。とくにカリスマカラーは、ピカイチだと思う。 塗っていて楽しい。たしか、この商品は昔、ベロールイーグルカラーという名前でその後プリズマカラーになってカリスマカラーになった…。いまだに、全部の種類が見られるお店だってある。昔に比べて色数は、減ってしまったようだけれど。

あとは中間くらいの柔らかさではホルベインとかポリクロモスかな?色数が多いから、画材好きにはたまりませんねー。もったいなくて使えないというおそろしい商品。 ホルベインの紙箱入り150色セットを買いましたが、できたら木箱買ってください。理由は紙箱は、やはり紙、ということです。

こんな色があります。 ステキすぎる。写真が暗くて伝わらない?

あと、油性色鉛筆持っていて、でも溶かしたいんだ〜!って方は、油絵で使うテレピン油とか、ホルベインで発売してる「メルツ」を使うと、溶かせます。

ここまで書いて、油性の良さがさっぱり伝えられないのは、私の文章力のなさのなせる技…。 また、後日リベンジしたいと思いますー。

鉛筆画を描いてみよう。

まずは、身近な画材を使おうと鉛筆画ですー。

鉛筆画って鉛筆と紙、消しゴムさえあれば絵を描くことができる〜! なんてコスパの良い趣味だろう!

道具は今回、ファーバーカステルの9000の3Bをメインに使ってみます。 ちょっとカサカサ?した描き味が好きです。

紙はケント紙で、あとは、練り消しとプラスチック消しゴム、と思ったのだが、見当たらなかったのでプラスチック消しゴムは、ほるナビ(消しゴムハンコ用)を使いました。すごく良く消えてびっくり。

まずは輪郭を力を入れずに、サラッと描きます。

次は、薄く影をいれます。

こんな感じ。割とざっくり。

そのまま書き込んでいきます。どんなタッチで描けばいいのか、わからないまま進めてますが、鉛筆が濃すぎたなぁ、と思ったら、練り消しで上から押さえるようにすると薄くなるので、気にせず描きます。

タッチが変わらずぐだぐだですよー。だが気にしない。

なんとなく、カタチになったら終わりです。

一応鉛筆の硬度を使い分けようと思ったのですがすっかり忘れてました…。

デッサン用鉛筆って、なんだ。

絵を描くうえで欠かせないのが鉛筆だと思う。一般的な事務用の鉛筆ってHBとか2Bだと思うけど、デッサン向けって、なんだかたくさん硬度がありますねー。

なかでも三菱鉛筆のハイユニは、なんと硬度が22種類もある鉛筆。きめが細かく折れにくい特徴があります。鉛筆は落としてしまうと中の芯が折れていることがあるので丈夫さは大切。

10Hとかになると絵を描くよりも、鉱物とか硬いものに印をつける時に使うみたい。

通常デッサンをするなら、3Hから4Bくらいを揃えておくといいと思いますよー。